Jnet Client Newsletter 

JnetはKPMGのグローバル・ジャパニーズ・プラクティスが1997年より年に4回発行しているバイリンガル・ニュースレターです。在米日系企業の皆様のために、会計、監査、税務、その他のビジネス・トピックスを取り上げ、日英両語で記事を掲載しています。

 

2014年第2号

 

KPMGが大規模な多国籍企業による税の透明性に関する報告書の作成業務を支援

企業が新しい市場を求めて世界に進出するようになり、そうした企業の税務方針や支払う税金の額は、政府、メディア、株主そして世間の厳しい目にさらされるようになりました。その流れは弱まることなく、経済協力開発機構(OECD)が税源浸食と利益移転(BEPS)に関するプロジェクトを発足したことも受けて、国際税務の透明性に対する要求は世界中でますます高まっています。その結果、企業の社会的責任、タックス・ガバナンス、対税務当局の透明性の改善、税務のアカウンタビリティに対する「公平な負担分」といったトピックに関して白熱した議論が展開されるようになっています。 More

 

クロスボーダー不正調査~チャレンジに立ち向かえますか?

クロスボーダー不正調査の実施は決して容易ではありません。法的および文化的違いによる複雑さが加わることで、今日のグローバル企業が直面する最難題の一つになっているとも言えるでしょう。不正調査実施の上ではあらゆる段階における障害がたちはだかりますが、そのなかには請求や申立ての初期受け入れ、諸外国のデータ・プライバシー/個人情報保護法への準拠、適切な職員や要員の人材活用、多様な従業員の権利保護、そして複数国をまたぐ対外調整が含まれます。しかし落とし穴の所在と、それを回避する方法を把握しておくことで、重大なミスを避けることが可能になります。 More

 

会計・監査アップデート

「会計・監査アップデート」では、毎号、米国の会計・監査に関する基準やその他の動きで、在米日系企業の皆様に関心があるかと思われる事柄に関する最新情報を提供しています。 More

 

税務アップデート

「税務アップデート」では、米国の税務に関する立法、司法、行政動向のうち、在米日系企業に影響が大きいと思われるものについて最新情報を提供しています。 More