サポート体制 

タイ国においては、日系企業の存在は非常に大きいものがあります。その中で、KPMGタイランドは、日系企業をサポートするための最善の体制を整え、現在、700社以上の日系企業のお客様にハイクオリティなサービスを提供しています。

 

監査サービスでは、日本の文化や慣習等、日系企業に精通したプロフェッショナルによるサービスを提供するため、日系企業のみの監査を担当する部門として「ジャパニーズ・プラクティス」を設け、多くの日系企業の監査を行っております。税務・法務サービスにおいても、同様の考えから、日系企業のみを担当するチームとして「ジャパニーズ・プラクティス・タックス・センター」を置き、日々、日系企業の税務・法務問題にタイムリーに対応しています。 また、KPMGタイランドでは、タイ人プロフェッショナルをサポートし、サービスの質を更に高めるため、現在、日本国公認会計士・米国公認会計士・日本国税理士5名の日本人専門家、ならびに日本人スタッフ3名を加えた計8名の日本人が所属しております。日本人専門家は、必要に応じて各分野のスペシャリストを動員し、日系企業にかかわる諸々の問題に迅速に対応しています。

 

さらには、日本国内のあずさ監査法人やKPMG税理士法人、または世界各地に展開するKPMG現地事務所のジャパニーズ・プラクティスとのネットワークを最大限に活用する事で、在タイの子会社のみならず、日本の親会社もしくは他国の関連会社との取引や共通の問題等、国際的なニーズにも対応したサービスを提供しています。

 

 

 

 

過去のセミナー資料

最新のタイの会計(NPAEs)、税務やタイ国内の法制度、更には日本の内部統制監査制度(J-SOX)への対応などをテーマにセミナ開催しています。過去の資料はWebにてご閲覧いただけます。

Global network

KPMGは世界の主要57都市に約500名の日本人および日本語対応可能なプロフェッショナルを配しています。