Jnet Client Newsletter 

JnetはKPMGの米国ジャパニーズ・プラクティスが1997年より年に4回発行しているバイリンガル・ニュースレターです。在米日系企業の皆様のために、会計、監査、税務、その他のビジネス・トピックスを取り上げ、日英両語で記事を掲載しています。

 

2015年第1号

 

 

成長に向けたコース設定:CEOの見解

KPMGが行ったCEOに関する調査「成長に向けたコース設定:CEOの見解」は、400名の米国のCEOを対象として、今後3年間における最も重要な事業課題に対する掘り下げた見解や、米国のリーダーたちの長期的な方向性についての効力ある洞察についてまとめたものです。

 

 

2015年グローバル監査委員会調査

KPMGでは監査委員会及び取締役会や経営陣が直面する課題や懸念事項を明らかにするため、2015年グローバル監査委員会調査を行いました。調査内容は、世界35カ国にわたる約1,500人の監査委員会メンバーを対象に、監査委員会の業務負担や検討課題、リスク・情報管理の質、監査人の監視すべき事項、監査委員会の効果性や技法等、適時の事項について見解を聞いたものをまとめたものです。

 

 

紛争鉱物、そしてその先 第4部:インテグレーション・コンプライアンス・プログラムに関する教訓

当KPMG レポートは、ドッド・フランク・ウォールストリート改革および消費者保護法(第1502号)、ならびに世界中の企業へ与えるその影響を考察する全4回シリーズの最終部となります。

 

 

会計・監査アップデート

「会計・監査アップデート」では、毎号、米国の会計・監査に関する基準やその他の動きで、在米日系企業の皆様に関心があるかと思われる事柄に関する最新情報を提供しています。

 

 

税務アップデート

「税務アップデート」では、米国の税務に関する立法、司法、行政動向のうち、在米日系企業に影響が大きいと思われるものについて最新情報を提供しています。