China

Details

  • Service: Tax
  • Industry: Global Japanese Practice
  • Type: Publication series, Regulatory update
  • Date: 8/9/2013

OECD 公布『税源浸食と利益移転に関する行動計画』 

チャイナタックスアラート(中国税務速報)- 第18回, 2013年8月

 

2013年7月9日、経済協力開発機構(以下、「OECD」という)は、税源浸食と利益移転(以下、「BEPS」という) に関する問題について多国間の提携を行うという行動計画を公表した。OECDは、モスクワで開催された主要20カ国の財務大臣・中央銀行総裁会議(以下、「G20」という)に合わせて当該「BEPS」に関する行動計画を公表した。これは世界各国が共同で国際税収体系の現代化への推進に注力し始めることを示している。当該行動計画は15項目の具体行動を提出し、予期効果および時間表を明らかにしている。


我々が予測するように、中国はOECDの重要提携パートナーとしてBEPSの発展動向をしっかりと注視し、一部の具体的な行動計画に向けて適切な国内税務法規を制定する。これらの税法の公布および税務の監督重点の変化は中国における多国籍企業の国際税務と移転価格に重大な影響を与える見込みである。中国の税務審査および調整によるリスクを下げるために、国内で運営する多国籍企業はできる限り早く、現行の税務プランニングに対して適切な健康調査を行い、BEPS行動計画にある関連する弱い段階を見つけ、積極的に対応を図り改善すべきであると提案する。