China

Details

  • Service: Tax
  • Industry: Global Japanese Practice
  • Type: Publication series, Regulatory update
  • Date: 10/10/2011

外資の研究開発センターに対する増値税の優遇政策は継続される 

チャイナアラート(中国速報)- 第38回, 2011年10月

 

財政部、商務部、税関総署及び国家税務総局は、2011年10月10日に共同で財税[2011]88号文(以下、「88号文」と略称)を公布し、財税[2009]115号文(以下、「115号文」と略称)における、外資の研究開発センターによる科学技術開発設備及び部品の輸入に係わる輸入税の免税、及び条件を充足する内外資の研究開発機構による国産設備の購入に係わる増値税の全額還付に関する優遇政策が、引き続き執行される旨を規定した。88号文の執行期間は2011年1月1日から2015年12月31日までとなっている。


115号文の具体的な内容に関しては、チャイナアラート2009年第89回を参照の事。


88号文の主な内容及びKPMG中国の検討結果は以下の通りである。