China

Details

  • Service: Tax
  • Industry: Global Japanese Practice
  • Type: Publication series, Regulatory update
  • Date: 8/20/2011

江蘇省国税局の租税回避防止業務 最新動向: 液晶、電池、通信関連業界を注視 

チャイナアラート(中国速報)- 第31回, 2011年8月

 

江蘇省国家税局(以下「省国税局」)は、省内の租税回避防止業務担当者の中から21名の選抜人員を選び、上海国家会計学院において、3ヶ月間の租税回避防止上級研修コース(以下「上級研修」)に参加させた。上級研修の内容は、主に「多国籍企業と税務機関のための移転価格ガイドライン」の内容をカバーし、世界の移転価格の最新動向や、中国の実際の状況なども交えて構成されている。研修講師の大部分は、KPMG等世界的に有名な事務所から招聘されている。2011年8月16日に、省国税局は南京で上級研修の修了式を行った。省国税局のトップがKPMG等の有名事務所と意見交換を行い、その中で今後の江蘇省における租税回避防止業務の方向性について講演した。