China

Details

  • Service: Tax
  • Industry: Global Japanese Practice
  • Type: Publication series, Regulatory update
  • Date: 1/10/2011

2010年度中国確定税務申告チェックリスト 

チャイナアラート(中国速報)- 第2回, 2011年1月

 

本チェックリストをご利用する際には、以下の点につきご留意いただきたい。会社が関連税法に規定されている期間内に納税申告及び税金納付を完了できない場合には、税務当局は納税者或いは源泉徴収義務者に対して過料及び滞納金を科することができる。過料の金額は、過少納付税額の50%~5倍である。滞納金は、1日あたり滞納税額の0.05%で計算される。それ以外に、中国税務当局は納税義務が発生してから起算し3年以内に過少納付税額につき追徴する権利を有しており、更に、関連金額が多額である場合には、追徴期間を5年間まで延長することもできる。また、企業に脱税行為がある場合に、税務当局は無期限に未納付税額を追徴できる。

一方で、納税者が過大に納税した場合には、税額納付日から起算し3年間以内に税務当局に過大納付税額分の還付及び利子分の請求を申請することが可能である。但し、当該期限を超過した場合には、還付を受けられない。

なお、当該チェックリストには、全ての中国税務申告事項が含まれている訳ではない。また、中央及び地方の財税当局は申告期限を変更する可能性もある。