China

Details

  • Service: Tax
  • Industry: Global Japanese Practice
  • Type: Publication series, Regulatory update
  • Date: 12/26/2013

企業年金および職業年金に個人所得税課税の繰延優遇措置を実施 

チャイナタックスアラート(中国税務速報)- 第35回, 2013年12月

 

中国は、1990年代に基本養老保険・補充養老保険・個人貯蓄型養老保険を統合した多階層型養老保険体系を構築した。財政部、人力資源社会保障部、国家税務総局は2013年12月6日に、財政[2013]103号通達「企業年金・職業年金の個人所得税問題に関する通知」を共同で公布しており、補充養老保険の主体である企業年金と職業年金の個人所得税の納税義務が年金の納付時期から受給時期へ繰り延べられることになる。この繰延措置の目的は、中国の多階層型養老保険体系の発展を一層推し進めるものである。
103号通達は2014年1月1日より施行される。