China

Details

  • Service: Tax, China Tax Services, Trade & Customs, Tax Dispute Resolution
  • Industry: Global Japanese Practice
  • Type: Event
  • Date: 9/24/2013

KPMG セミナー【中国税務・税関・外貨管理の最新動向及び税関争議の対応策とリスク管理】(広州)  

KPMG Japanese Seminar: China Tax, Customs, Foreign Currency Control Update/Action against & Risk Control on Customs Dispute (Guangzhou) 

  

開催日
Date:

2013年9月24日(火曜日)

24 September 2013 (Tue)

時間
Time:
(受付)14時00分~14時30分 / Reception: 14:00 ~14:30
(セミナー)14時30分~17時30分 / Seminar: 14:30 ~17:30

会場
Venue:

KPMG広州事務所(広州市天河路208号粤海天河城大厦38階)
38th Floor, Teem Tower, 208 Tianhe Road, Tianhe District Guangzhou 510620, China

講師
KPMG Speakers:

甘 小月 Carol Gan

広州事務所中国税務マネジャー/ Guangzhou office China Corporate Tax Manager

言語
Language:

日本語

Japanese

主催者Organizer

グローバル・ジャパニーズ・プラクティス マーケティング部門

Global Japanese Practice Marketing Department

受講料
Fee:
無料/ Free

 


平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 

  2013年の上半期において、中国は国外からの出向者に係わるPEの認定基準、輸出増値税還付の計算方法、非貿易の外貨送金等の問題に関して新しい通達を公布しました。また、2013年8月1日より、全国規模での増値税改革が実施され、新しい増値税改革政策により国際物流費に係わる税負担、役務輸出の免税等の影響が生じます。

 

 その他、最近では税関も調査を強化しており、税関争議に直面する企業も増加傾向にあります。

 

 こうした背景を踏まえて、今般KPMGでは下記の日本語セミナーを開催し、華南地区の日本企業の皆様に中国税務・税関・外貨管理の最新動向を解説すると共に、税関争議の解決方法及びリスク管理方法をご紹介致します。

 

 ご多忙とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご来臨賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

  

                                                                      記


 

セミナー
内容:

第1部分 中国税務・税関・外貨管理の最新動向

•     国外からの出向者に係わるPE認定基準の明確化

•     輸出増値税還付計算方法の変更――「実耗法」の採用

•     非貿易送金税務政策の変更

•     増値税改革による国際物流費への税務影響

•     役務輸出に係わる増値税ゼロ税率及び免税の適用

 

 

第2部分 税関争議の対応策及びリスク管理

•     税関争議の主要形態及び影響

•     ケーススタディ――税関評価

•     ケーススタディ――商品分類

•     ケーススタディ――加工貿易

 

申込方法

 

葉媛華  (Nikita Ye)

 

日本語可

 

Fax: +86 20 3813 7000

+86 20 3813 8650(直通)

nikita.ye@kpmg.com 

 

2013年9月20日までにメールにてご返送下さいますようお願い申し上げます。尚、定員に達し次第、締切とさせて頂きますので、あらかじめご了承ください。