Australia

Details

  • Service: Tax, Topics, Federal Budget
  • Industry: Asia Business, Japan
  • Type: Business and industry issue
  • Date: 14/05/2014

Federal Budget 2014

Federal Budget 2014
KPMG's review of the major implications arising from the 2014 Federal Budget.

Federal Budget contacts

If you would like to discuss the 2014 Federal Budget, please contact your KPMG adviser or one of our KPMG professionals.

2014 オーストラリア連邦予算概要 (Federal Budget Brief: Japanese) 

2014年 連邦政府予算案及びその主要な影響に関するKPMG解説(日本語)
2014 オーストラリア連邦予算概要
Download Now
PDF files require Adobe Reader to view

2014年連邦予算案は、予想財政赤字を大幅に減らすため、二つの歳入増加措置とともに長期的な観点からの歳出削減に焦点を当てている。連邦政府予算案の策定まで、政府の監査委員会や経済評論家により、将来10年間で予想される財政赤字に対する早急な歯止めを掛ける方法に関して様々な提言がなされた。今回の連邦予算案では、2014―2015年度の財政赤字は、今年度の予想財政赤字に比べ約200億豪ドル減少、2013 年12月に発表された経済・財政中間見通しの際の予想財政赤字に比べ約40億豪ドル減少している。 しかしながら、この財政赤字の減少は、基礎的な経済状況に大きく依拠する。

 

連邦政府の政策の中心となるのは、ヘルスケアーサービスへの積立金、対外援助、教育ローンプログラム、家庭やその他福祉関連の手当てに関わる予算の削減である。再導入される燃料税の指数化(インフレ率に基づく修正)や個人所得税の上昇及び歳出削減により、予想財政赤字は大幅に減少するであろう。当該連邦予算案に基づく歳出削減額は、インフラや医療研究未来基金(Medical Research Future Fund)の設立の予算に優先して割り当てられている。

 

KPMGの2014年 オーストラリア連邦予算概要は、豪州ビジネスに関するInsightsを提供している。

 

Key insights

  • 今回の連邦予算案フレームワークが政府の資金支援プログラムに頼るビジネスに対する影響を、インフラ関連ビジネスに与える影響と比較した場合、その違いは明白である。
  • 歳入増加の見込みは将来の税制改革への道筋をつくる。
  • 包括的税制改革及び連邦政府改革を取り扱う2015年度WHITE PAPERへの関心が高まる。

 

 

Share this

Share this

Federal Budget Brief 2014

Federal Budget Brief 2014
KPMG's insights and analysis on the 2014 Federal Budget major implications for Australian business.

Japan

Our Australia Japan Practice includes a team of bilingual Japanese professionals with a deep understanding of our Japanese clients' business needs.

Tax

Our Tax Team assists with corporate tax, transfer pricing, indirect tax, international executive services, R&D incentives, superannuation and more.
  • Subscribe to related feeds